ブロックチェーンベースの新概念SNS、ゴールドリンクDECAサービスのローンチング

Business Wire

韓国ソウル & 東京–()–(ビジネスワイヤ) — ゴールドリンク(Goldlink) (http://www.goldlink.io 代表  金ソンホン)は人間の意思決定エネルギーを定義するアルゴリズムであるDECA (Decision Energy Classification Algorithm)サービスの体験バージョンを公式オープンした。

歴史的に大勢の哲学者、思想家、科学者達が人間の内面を分析し、定義する研究をしてきた。その結果数多い理論が存在している。しかし、金代表は19年間の研究を通じて既存理論を新しい観点から再定義して、ビクデータを纏める革新的な方法論を通して人間の優れた意思決定エネルギーへ体系化してDECAを完成させたのである。

金代表は「人々は毎回瞬間的な意思決定により、自身の思いを実行し、その意思決定の構造及び作用が個人別な固有性向になる。このような個人の意思決定エネルギーをDECAと名づけて、DECAは五つの大分類、22の細分類エネルギーに分類される。これらのエネルギーによって人間の性向が定義され、私達はこれを種族概念に発展させた。即ち、人間は意思決定エネルギーによって、1次的に60種族、終局的に216,000種族に分類される。種族間には同質感、ヒーリング(healing)、拒否感などの総合作用が存在し、これが理解できれば、人々間の葛藤を解消するのに大きく役に立つ」と説明した。

DECAサービスは、誰でも生年月日だけ入力すれば、自身の性向に関して分かることが出来るし、友人、家族など知人をDECA分析を通じて、どのような性向の人か、自分とどのような関係であるか(自分と同じスタイルの人か、自分にヒーリングを与えてくれる人か、またはストレスを与えてくれる人かなど)を手軽で、直感的に調べられる。

何よりDECAサービスは多くの産業分野に革命をもたらすサービスになるのではないかと専門家たちは評価している。例えば、フェイスブックをはじめとする大部分のSNS及びコンテンツは文字を共有する次元であるが、万が一特定SNSがDECA  APIを利用してサービスを改変すれば、自分のSNS友人たちに関して、意思決定性向を分析して、ソーシャルネットワークがヒーリングネットワークに転換して、発展されられることもある。またデーティングアプリ分野にもDECAのアルゴリズムを活用すれば、自分と同じ種族、自分にヒーリングを与えてくれる種族、自分とあまり合わない種族などを基本的に把握してからサービスが出来るので、画期的なサービスアップグレードになる。そのほかに、社会、政治、生活、ゲーム、教育、人事管理等の各産業と分野別に多く応用及び拡張が出来る。

金代表は、DECAサービスをグローバル展開するため、開発者登録方式としてAPIを提供する予定である。また、開発者、企業、スタートアップ等、誰でも自由に利用できるようにする予定である。

ゴールドリンクサービスは、ソーシャルメディアサービス機能と生態系の活性化のため、DECAをコアエンジンとした暗号貨幣が有機的に結び付いた次世代ソーシャルサービスを追求する。このような事業を体系的に進めるために、リバースICOを準備している。

金代表は”コアエンジンの開発は終わっており、この公開を通じて、他のICOプロジェクトとの差異を示すことで市場の信頼を得るために、DECA体験版サービスを開始することになりました”と話す。

ゴールドリンクDECAサービスのご利用は、携帯電話にdeca.goldlink.ioアドレスを入力すれば誰でも無料に利用できる。

http://www.businesswire.com/news/home/20181104005044/ja/?feedref=JjAwJuNHiystnCoBq_hl-bV7DTIYheT0D-1vT4_bKFzt_EW40VMdK6eG-WLfRGUE1fJraLPL1g6AeUGJlCTYs7Oafol48Kkc8KJgZoTHgMu0w8LYSbRdYOj2VdwnuKwa

Leave a Reply