暁星の趙顕俊会長、AIを利用したリアルタイム音声認識相談支援システムの事業を拡大

Business Wire

韓国ソウル–()–(ビジネスワイヤ) — 暁星ITX(KRX: 094280)がCJ HELLOと「CSインフラ高度化プロジェクト」契約を締結しカスタマーセンターリアルタイム音声認識相談支援システム「エクストリームソリューション(xtrmSolution)」を構築した。

xtrmSolutionは顧客との相談内容をリアルタイムで分析しテレフォンオペレーターが最適の回答を提供できるように支援する人工知能相談支援サービスである。このソリューションは通話内容をテキストへ変換(Real-Time Speech to Text: STT)して、変換されたテキストを分析(Text Analytics: TA)してからコールセンターシステムに組み入れるものである。音声の強さ、トーン、音速など波形に至るまで把握して速やかに顧客の問い合わせ事項に対応するように支援する。

暁星ITXのxtrmSolutionを導入した会社は通話と同時に画面で顧客からの問い合わせ、要求事項、不満、緊急状況などを識別することができる。テレフォンオペレーターは主要キーワードを選択して顧客の意図を迅速に把握し、推薦される回答を参考にしながら対応できる。 これにより最初の顧客相談での的確な相談の精度を高めて再問い合わせを減らすことが可能である。またすべての相談電話に対して容易に全数品質分析ができ、相談内容、顧客の問い合わせ事項や感情変化などをデータ化して顧客の意見が見過ごされないようにすることができる。

暁星の趙顕俊(チョ・ヒョンジュン)会長は「暁星ITXはR&Dセンターで音声認識とテキスト分析技術の認識率と精度を高めるために継続して努力している」と述べ、「さらに進化した顧客オーダーメイド型サービスを提供するために継続的に技術を向上して同種業界において群を抜いたカスタマーサービスを提供する」ことを明らかにした。

暁星ITXは趙顕俊(チョ・ヒョンジュン)会長が2001年に買収した会社において既存のカスタマーセンター委託運営(BPO)事業を継続して成長させる一方で、ストレージ及びセキュリティーソリューションの販売、SI(System Integration)構築など第4次産業革命時代をリードするIT専門企業として生まれ変わっている。

http://www.businesswire.com/news/home/20181105005313/ja/?feedref=JjAwJuNHiystnCoBq_hl-bV7DTIYheT0D-1vT4_bKFzt_EW40VMdK6eG-WLfRGUE1fJraLPL1g6AeUGJlCTYs7Oafol48Kkc8KJgZoTHgMu0w8LYSbRdYOj2VdwnuKwa

Leave a Reply