SAFR™ for SecurityによりGenetecユーザーは顔認識機能を 利用できるようになります

シアトル, April 16, 2019 (GLOBE NEWSWIRE) — デジタルメディアソフトウェア、及びサービスをリードするリアルネットワークス(NASDAQ:RNWK)は本日、Genetec社製Security Center向けにSAFR™ for Securityがプラグインされ、全世界で同時リリースされたことを発表しました。認識精度99.86%を達成した高性能な顔認識機能により、SAFR™ for SecurityはSecurity Centerの展開性をより一層高めます。これにより、ライブビデオのオーバーレイ、ブックマーク、自動アラート、及び通知機能が拡張されます。 多くの場合、防犯ビデオは生で見られることはなく記録されます。セキュリティ担当者達は長時間、監視を行わなければなりません。これには、侵入者や不審な活動を察知するために極めて高い集中力と注力が要求されます。SAFR™ for SecurityがGenetec社のSecurity Centerへプラグインされたことで、セキュリティ担当者はビデオカメラの映像を注視したり、イベント発生の際に後からすべての記録映像を念入りに確認したりする必要がなくなりました。セキュリティ担当者が監視中であるかないかに関わらず、ライブカメラが未知の人物や不審者を捉えた場合、SAFR™ for Securityセキュリティ担当者へリアルタイムでアラートを発します。アラートの対象には、非制限区域、制限区域内に関わらず、登録者、危険人物、要注意人物、またはVIPも含まれます。 「リアルネットワークスはSAFRの顔認識技術をGenetec Security Centerにプラグインし、セキュリティの専門家向けに、企業内セキュリティの一部として顔認識機能を提供します。」Gnetetec開発パートナーシップディレクターJordan Jaumeau氏は次のようにも述べています。「私達はリアルネットワークスSAFR™ for SecurityとGenetecの統合セキュリティプラットフォームの共同ソリューションによって、お互いのユーザーへ更に強固なセキュリティを提供できることと確信しております。」 SAFR™ for Securityはリアルタイムで何百万もの顔を検索・照合できるように高精度、且つ高速に設計されているAI搭載の顔認識ソリューションです。SAFR™ for […]